Excelで廃止された宛名ラベル印刷をWordで行う詳しい方法

Excel2013からラベル変換ウィザードが廃止になりました、Wordで簡単に宛名ラベルを印刷する手順を解説します。

Excel住所録のサンプルデータとWordの宛名印刷ファイルを、全部無料でダウンロードできますのでお試しください。

ExcelデータからWordで宛名ラベル印刷を行う手順

<手順1>

Wordで差し込み印刷するには、Excelで住所録シートを作成するのが王道です。
Excelで作成しておけば、他で再利用できたり、加工も簡単にできます。
下記の画像が、今回の住所録のサンプルデータです。
項目は「名前・敬称・〒・住所1・住所2」になっています。
敬称はWordでも付けることができますが、Excelで作成する方が無難で、ミスが出にくくなります。

上の行の項目名はあっても、なくてもかまいません。

Excel住所録のサンプルデータ

<手順2>

Wordを起動し、白紙の文書を作成します。

Wordを起動し、白紙の文書を作成します

<手順3>

リボンの[差し込み文書]~[差し込み印刷の開始]~[ラベル]をクリックします。

[差し込み印刷の開始]~[ラベル]をクリックします

<手順4>

ラベルオプションダイアログが開きます。

  1. ページプリンターを選択します。
  2. ラベルの製造元を選択します。
  3. ラベルの製品番号を選択します。
  4. [OK]ボタンをクリックします。
ラベルオプションダイアログ

<手順5>

リボンの[差し込み文書]~[宛先の選択]~[既存リストを使用]をクリックします。

[宛先の選択]~[既存リストを使用]をクリック

<手順6 >

データファイルのの選択ダイアログが開くので、Excel住所録のブックを選択します。

データファイルのの選択ダイアログ

<手順7>

テーブルの選択ダイアログが開くので、住所録が入力されているシートを選択します。

テーブルの選択ダイアログ

<手順8>

リボンの[差し込み文書]~[差し込みフィールドの挿入]で、印刷する項目を選びます。
改行・スペース・文字列などが入力できます。
ただ文字列を入力すると、宛名のレコードがないラベルにも印刷されてしまうので、使わない方が無難です。

差し込みフィールドの挿入

<手順9>

1枚目のラベルにフィールドとフォントの書式を設定し、リボンの[差し込み文書]~[複数ラベルに反映]をクリックします。
これで1枚目のラベル設定が、以降のラベルに反映されます。

[複数ラベルに反映]をクリック

<手順10>

リボンの[差し込み文書]~[結果のプレビュー]で出来上がりを確認します。
右横のレコード移動ボタンで他のラベルを確認した場合、宛名が重複し表示される場合があります。
これは実際の印刷では、このようにならないので無視してください。

[結果のプレビュー]で出来上がりを確認

<手順11>

実際に印刷します。
リボンの[差し込み文書]~[完了と差し込み]~[個々のドキュメントの編集]をクリックします。

[個々のドキュメントの編集]をクリック

<手順12>

新規文書への差し込みダイアログが開きます。
ここでは「すべて」を選択しました。

新規文書への差し込みダイアログ

<手順13>

宛名ラベルが完成しました。
ここからは、通常の文書編集と同様にメッセージを入力したり、イラストを挿入することなどができます。
完了後、宛名ラベルをプリンタにセットし印刷してください。

宛名ラベルが完成

Wordの宛名印刷ファイルのテンプレート

使い方
Excel住所録のサンプルデータをダウンロードし、Wordテンプレートと同じフォルダにおいてください。
実際に自分のラベルを作成する場合、Excelの住所データを現実のデータに入れかえてください。
Wordテンプレートをダウンロードし開きます。
すると「この文書を開くと、次のSQLコマンドが実行されます。SELECT CASE ‘シート名” データベースからのデータが、文書に挿入されます。続行しますか?」と表示されるので[はい]をクリックします。

次のSQLコマンドが実行されます

Wordのテンプレートを開いた画像です。
ここから編集や印刷が可能です。

Wordのテンプレートを開いた画像

Excel住所録のサンプルデータの無料ダウンロード

Wordの宛名印刷テンプレートファイルの無料ダウンロード

Follow me!