段ボールで簡単にトイレを作成:災害時に役立つ実例

段ボールを使って、簡単ですぐに使えるトイレを作ります。

材料は段ボール、補強に使う段ボール、ハサミ、ガムテープ、ビニール袋です。
段ボールはなるべく丈夫なものを使用します。

64cmの段ボールでトイレ作成

幅約65cmの段ボールを使用しました。
比較的丈夫で、座れるサイズであれば、かまいません。

座る面のフタを折り、反対のフタを短くする

座る面のフタを内に折りガムテープで止めます。反対のフタは少し短くしました。

座るところにキリトリ線を引く

切り抜くところに線を引きます。

キリトリ線で切り抜く

線に沿って切り抜きます。

別の段ボールを丸めて補強する

座るところを補強します。
補強は段ボールを適当に丸めて、ガムテープで止めるだけです。
これで普通に座るぐらいでは、まったく問題ありません。

ビニール袋を入れて完成

ビニール袋を入れると完成です。
使用する時は、新聞紙を破って丸めて入れると、水分が吸収できます。


前回投稿の「缶ビールの空き缶でご飯を炊く:災害時に役立つ実例」もご利用ください。

Follow me!