セメントでお墓の花立て作成:身近な材料で簡単作成

インスタントセメントを使って、お墓の花立てを作成する手順を紹介します。

現在の花立ては、緑のプラスチック製を刺して使用していますが、古くなったのと安っぽいので自作することにしました。
石製の花立ては高価なのでインスタントセメントで作成します。
セメントでお墓の花立てを作ると、耐久性があり、花筒や置き場所に合わせることができます。
花筒はステンレス製を購入し、見た目を良くしました。
花立てを高くし、筒部分を深くすれば、花筒なしでも使用できます。

花立て作成に必要な材料

  • 木枠用の板と木ネジ
  • インスタントセメント
  • ペーパータオルなどの芯
  • ガムテープ
  • オイル
  • 混合用のバケツ
  • 混合用のスコップ

花立てを作成する手順

1.花筒と置き場所に合わせて、花立てのサイスを決めます。
花筒の長さに合わせて、高さを決めます。

2.板で型枠を作成します。
硬化後、型枠を外すので木ネジを使用してください。

3.花筒の径より太くなるように、ペーパータオルなどの芯にガムテープを巻きます。

4.セメントが剥がれるように、型枠と芯にオイルを塗ります。

5.インスタントセメントに徐々に水を加えて、ペースト状になるまで混ぜます。

6.型枠にセメントを流し込みます。

7.セメントが型枠の2/3ぐらいになると、芯を中心に挿します。

8.セメントを上面まで追加します。

9.棒でセメントを抜き差し、空気を抜きます。

10.セメントが完全に硬化するまで待ちます。気温等によりますが、2日おくと大丈夫でした。

11.木ネジをゆるめ、型枠を外します。

12.芯を回しながら、ゆっくり抜きます。

13.エッジや不要な部分を滑らかにします。

これで完成です。
以上を繰り返し、必要数を作成してください。

また塗料を使ったり、型枠を工夫することで個性的な花立てを作成することができます。


前回投稿の「アロエを鉢植えで育てる:簡単に美しいアロエを育てる方法」もご利用ください。

Follow me!